« コンクール用ピアノレコーディング 【音大生におすすめ】 | トップページ | 実際にあった出張録音のトラブル »

録音業者の落とし穴(グランドピアノのレコーディング)

googleの検索欄に
「グランドピアノ レコーディング」
と入力して検索すると66700件のページがヒットします。

パッと目に付くものでいくつか見てみたのですが
安い!ていうところの詳細は「セルフレコーディング」だったりします。
セルフレコーディングって事は自分でCD録音機を操作して・・となるのですが
あまりスタジオでやるメリットが・・・無いと思いませんか?

また格安スタジオの問題は「レコーディングエンジニア」
レコーディングエンジニアという職業は資格などは無く、悪い言い方をすれば
「誰でも名乗れる」職業なのです。

普通は
大きなレコーディングスタジオでアシスタントとして数年修行して、録音のイロハを勉強して、徐々に仕事をもらって・・・
さらに生き残るのはその中から一握り・・・
という狭き門をくぐっているのが普通だと思うのですが。
考えてみると
腕があって仕事があるエンジニアが安い金額で録音してくれる事って無いですよねぇ。

あくまで一般論ですが巷の小さな規模のスタジオエンジニアは正当な修行などをしていない「機械が操作できるバイトのにいちゃん」の場合が多いのです。

という事はピアノの録音を知り尽くしているエンジニアが何時でもパッと出てきてやってくれるなんて事はまず ありえないと思うのです。

安いだけのレコーディングをしても結局損をする事が多いのではないでしょうか?

例えば・・・
●調律代をケチって録音したら 後で聞いてみるとチューニングが気になって人に聞かせられるものじゃなかったり・・・。

●コンクール用に送る音だから手持ちのMDで録音しているけど、仕事の話で
「音資料下さい」 って言われてもまともに聞ける音源が無くて焦る・・。
などなど・・。

どうせお金を出して録音するなら後々使えるものにしたほうが良いと思いませんか?

弊社がご紹介するピアノ録音サービスは料金が手ごろでエンジニアもまともで
ピアノもスタインウェイBです。さらにさらに調律付き。

ピアノ録音サービス詳細・料金はこちらをご覧下さい。

|

« コンクール用ピアノレコーディング 【音大生におすすめ】 | トップページ | 実際にあった出張録音のトラブル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンクール用ピアノレコーディング 【音大生におすすめ】 | トップページ | 実際にあった出張録音のトラブル »